職員紹介
三幸福祉会はどんなところですか?

職員に本音で語ってもらいました。年次も役職も違えば、
それぞれの入社理由も違う。そんな彼・彼女ら
一人ひとりの三幸福祉会への想いを感じてください。

小木曽 遥
悩みが増えました。うれしいです。杜の癒しハウス ひらい 5年目 小木曽 遥

入職して5年目を迎えました。将来について悩んでいます。でも、とてもうれしいんです。なぜなら、悩むようになったのはさまざまな経験の中で、視野が広がってきたから。

入職して4年目に、特別養護老人ホームから有料老人ホームに異動になりました。これまでと利用者様の層が違うため、提供するサービスも求められるサービスもかなり変わってくる。また、異動のタイミングで、副主任にもなり、後輩を指導する立場にもなったのです。さらには、介護福祉士の資格も取得し、利用者様のご家族との関わりも増えてきた。大きく仕事内容が変わってきました。

就職した当時は、「ずっと介護の現場で働きたい」と思っていました。それは、大学時代の実習の経験があったから。実習最終日に、担当していたおばあちゃんが「もう来なくなっちゃうの?寂しいな」と言ってくれたんです。そのとき、「私を必要としてくれている」と感じ、ずっと利用者様をそばで支えていきたいと思ったんです。

だけど、働いていく中で、「今までの経験をどう仕事に活かしていけるだろうか」と考えるようになり、「何か違った形で利用者様や職員を支えていくこともできるんじゃないか」と思い始めました。仕事内容も大きく変わってきた。利用者様のことも、そのご家族のことも、深く理解できるようになってきた。だからこれからは、自分にしかできない介護をしていきたい。三幸福祉会はもちろん、社会にも貢献できる人になりたい。まだまだですが、日々、目の前の仕事と向き合いながら、成長していきたいと思います。

エントリー
ページトップへ