職員紹介
三幸福祉会はどんなところですか?

職員に本音で語ってもらいました。年次も役職も違えば、
それぞれの入社理由も違う。そんな彼・彼女ら
一人ひとりの三幸福祉会への想いを感じてください。

近藤 梓
実家のおばあちゃんも、私が楽しいとき、楽しそうだったから。利用者さんもおなじだよね。癒しの里 南千住 1年目 近藤 梓

小さいころからおばあちゃん大好きっ子。母が介護業界で働いていたこともあり、身近に感じていた介護の仕事に就こうと思ったんです。作業療法士や、機能訓練士などの職業も選択肢にありましたが、自分のおばあちゃんの姿が思い浮かび、一番生活に密に接することができる仕事をしようと、介護福祉士を目指すようになりました。

だけど、一度だけ迷った時期があったんです。それは学生時代の実習。当時、職員さんや利用者様と、なかなかコミュニケーションがとれなくて。「私が助けたかったのは、高齢者じゃなくて、自分のおばあちゃんだけだったんじゃないかな」と悩んでいました。だけど、それを変えてくれたのは、利用者様の存在でした。最初はなかなかコミュニケーションがとれなかったのですが、何度も顔を合わしていくうちに仲良くなることができて、ある利用者様が折り紙で鶴を折って渡してくれたんです。些細なことかもしれないですが、本当にうれしくて。「自分が一生懸命やっていることは伝わる」と理解でき、やっぱり介護福祉士になろうと決意できたんです。

就職活動では、本当にさまざまな施設を見ました。「自分にとって大事なのは、福利厚生?それともお給料?」いろいろ考えたのですが、一番大事なのは自分が楽しく働けるか、ということ。私のおばあちゃんも私自身が楽しくしていたら、一緒に楽しんでくれた。楽しく働くことができれば、利用者様も楽しんでくれる。そんな中で、三幸福祉会は一番職員が楽しそうに働いていました。イベントも、目的は利用者様に喜んでいただくためなのですが、職員自身も本当に楽しそうに運営していて。そんな姿を見て、入職を決めました。

今、不安なことはいっぱいあります。できないこともたくさんあります。だけど、しっかりと利用者様と向き合って、どうしたら気持ち過ごしてもらえるか、どうやったら楽しく過ごしてもらえるか。そこを考えながら、自分にしかできない介護を探していきたいと思います。

エントリー
ページトップへ