癒しの里 青戸 施設トピックス

ソバ打ち体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは、癒しの里青戸・デイサービスで

センター長をしております遠藤と申します。

癒しの里青戸デイサービスは現在17年目を迎え、今まで様々な取り組みをしてきました。

生物園やお台場、菖蒲園、江戸東京博物館等への外出や、イチゴ狩りやキウイ狩り、

梨狩りなどにも出かけてきました。

今までは外出イベントに力を入れてきましたが、今回はなんと、

青戸デイサービスで初の試み!職人さんによる本物のソバ打ち体験を行いました。

お蕎麦の暖簾に雰囲気つくり、大きなソバ打ち板や伸ばし棒(備品名が正しいのかは不明ですが)、

そして利用者様と一緒にソバを打つところから切るところまで、皆様と一緒に楽しみました。

もちろん、皆様ご自分で打たれたお蕎麦、食べたいですよね~。

厨房スタッフが協力して下さり、お蕎麦に揚げたてのかき揚げを乗せて、

おつゆをかけて皆さんでいただきました。

普段召し上がる生蕎麦よりも、ご自分でそば打ち体験をされた後の生蕎麦は格別なようで、

本当においしくいただくことができました。

ソバ打ち体験は11月7日まで行います。好評であれば今後も続けて行きたいと思います。

皆さんに喜んで頂ける取り組みをこれからも行っていきたいと思います。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。