がんばれ新人職員! 第二弾 『初めての夜勤』

2016年4月28日

ファミリーの皆様の暮らしを支える施設の仕事は

24時間、365日休みがありません。職員は、早番・日勤・遅番

そして夜勤という勤務帯を、交代で担当してます。

今年入職した新人諸君は、それぞれの時間帯の仕事を

覚えるのに懸命です。その中でも「寝ずの番」の夜勤は

責任重大! 独り立ちができるまで、先輩と一緒に

夜勤を体験して勉強します。

 

夜勤に合わせて出勤すると、日勤帯からファミリー様の様子を

引き継ぎます。熱が出ている方や具合の悪い方はいないか・・・

 

夕食と歯磨きが済むと、お部屋のベッドにご案内します。

これでおしまいではなく、夜間は何度もトイレの介助があります。

その合間にフロアの掃除も。

 

夜勤が明けて、朝礼では夜間の様子を看護師や管理職に報告。

緊張する~~(^_^;)

 

 

朝礼が終わると、ゴミ捨てや・・・・

記録の書き方の指導を受けたり。

 

「熱がある方が悪化しないかと心配でした」

「夜間なかなか寝られない方もいて大変でした」

「一人でできるのか不安です」

と感想が聞かれましたが、大丈夫!

毎年何回かの付き添い夜勤を経験して、緊張しながらも

独り立ちして、先輩職員たちは皆立派に仕事をこなしているのですから。