癒しの里 青戸 施設トピックス

牡丹餅作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様こんにちは、癒しの里青戸の高橋です。

久しぶりの更新になってしまい大変申し訳ございません。

本日は、春のお彼岸にちなんで、ファミリーの皆様と牡丹餅作りを行いました。

日本には「春のお彼岸」と「秋のお彼岸」の2種類がありますが、皆さんもご自宅で

おはぎや牡丹餅を作って召し上がられたのではないでしょうか。

実は、おはぎぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。

ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。

一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

ファミリーの皆様にもおいしく、楽しく召し上がっていただけるよう、この時期にちなんだ

手作りの牡丹餅作りを行い、皆様「おいしい」「昔よく作ったよ」と笑顔で召し上がられておりました。

今後も季節感のある、昔懐かしいおやつ作りを企画し皆様と一緒に楽しみたいと思います。